メタボパパの食卓日記

metabomama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画( 17 )

サイドウエイズ

昨日は映画の日?「ファーストデイ」で1,000円で見られる日でした。
家族が出かけて行ったので、早速映画館へGO!
封切りが待ち遠しかった「サイドウエイズ」を見てきました。
小日向 文世・生瀬 勝久・菊地 凛子・鈴木 京香

いや~~  面白かったですよぉ
テレビCMで流れている「日本一ダメな男」に選ばれた二人(笑)
道雄(小日向)と大介(生瀬)の、中年オヤジの一週間を描いた作品と言えば
何が面白いの?と思いますよね…

でも、恋愛初心者みたいな道雄と女性とみればナンパをするホントいい加減な大介の対照的な二人が
青春をたどる一週間をカルフォルニアワインとワイナリーとともに描いています。
オリジナルは「Side Way」というアメリカ映画。
アカデミー賞脚本賞など受賞している作品のリメイクで日系アメリカ人の監督です。
私は、オリジナルを見ていないので何とも言えないのですが
日本人の私には、日本人だから感じるちょっとした面白さだったり、ピリッと効いたスパイスも
コショウやセロリなんかの香りじゃあなく、山椒だったり柚子の香りだったりしているような…

昨日見てきた時よりも、一晩たって「ああ いい映画だったなぁ」と
「もう一度見てみたいなぁ」と。

そして今晩は絶対「ワイン呑むぞ~~」
いや「ワインなめるぞ~~」でした(笑)

☆☆☆☆ッですっ!

c0124303_8471088.jpg

[PR]
by metabo_mama | 2009-11-02 08:48 | 映画

超熟のCMで

小林聡美さんのパスコ「超熟」のCMご覧になりましたか?
イングリッシュマフィン編とか焼きバナナトースト編など
美味しそうな朝食レシピですよね。

あの舞台になっているのが、先日見に行ってきた映画「プール」(こちらをクリックで動画が見られます)で使われているゲストハウスです。
「かもめ食堂」や「めがね」も超熟のCMに使われています。

「かもめ食堂」を見たら、お結びやシナモンロールが食べたくなっちゃうし
「めがね」を見たら、BBQで食べている焼きソラマメやタケノコなんかが食べたくなっちゃう(笑)
どれも美味しい映画ですよ。

今回「プール」では茹でピーナッツや揚げバナナ(ピサンゴレン)かなぁ…
c0124303_18313847.jpg

[PR]
by metabo_mama | 2009-10-08 18:26 | 映画

プール

c0124303_3542136.jpg

小林 聡美・もたい まさこ・加瀬 亮 と前作「めがね」と同じキャスト
監督は 荻上 直子さんではなく 大森 美香さんでした。

雰囲気は「かもめ食堂」 「めがね」と同じなのですが?
なにか違います…
監督さんが替わったからでしょうか
少し前作までとは違います。

食事のシーンもたくさんあるのですが
前作までの「あれ食べたい~」とか 「早速 家で作ってみよ~う」という
思いは起こってこなかったですねぇ…
少し残念な気持ちでした。


しかし、あの3人+伽奈の醸し出す
なんとも言えない不思議ワールドは健在で
癒され度は抜群だと思います。
東南アジアのリゾートに流れる風や空気が心地よく
聞こえてくる音は、どこまでもやさしいんですよねぇ
理想の休暇の過ごし方なんです。。。

あの東南アジア独特の騒然とした雰囲気とか
ねっとりと鼻の粘膜に纏わりつく湿った空気は全く感じられないのは
舞台が「チェンマイ」だったこともあるのでしょうが
草食系の出演者の空気だったのでしょうか?

癒されたい方には ぴったりの映画です。

残念だったのは、隣に座った女性によって癒され度が半減されたことでした(怒)
がさごそとフレンチポテトらしい食べ物を食べ始め…
あの酸化したいやな油の匂いをまき散らし
美味しそうな映画の匂いは吹き飛び
ペーパーナプキンで手を拭く音が。。。
次はペットボトルからひっきりなしに飲み物を飲み
寒くなったのか がさごそとバックの中カーディガンを探し
また しばらくするとストールを探しだし…
挙句の果てに肌が乾燥してきたのか
「ミスト」を顔や首 足にまでもかけ始めた。
たぶん乾燥肌だったのでしょう? あちこち掻き始めて
「も~~~ いい加減にせい!」と大声で叫びたくなったわぁぁぁ
この女性の行為で美味しそうな食べ物が魅力的に見えなくなってしまったのか?
映画に流れる微妙な空気や音 匂いなどがすべて台無しになってしまったと言っても過言ではないような
本当に残念でした。
気になりだすと、どこまでも気になってしまう私がいけないのでしょうか?
いかが思われます 皆様?
[PR]
by metabo_mama | 2009-09-14 04:40 | 映画

アマルフィ

今朝 みんな出かけてしまって一人だったので
洗濯だけをすませて、映画館へ
も~~ 毎日「いやっ!」と言うほどCMを見せられていたあの映画
「アマルフィ 女神の報酬」を見てきました。
女神の報酬?ってなんでしょう?

全編イタリアロケだそうです。
確かに ローマ アマルフィの美しい景色や建物
どこもかしこも 世界遺産

イタリアへ行きたくなりますよぉ
特に「アマルフィ」へ
c0124303_23482979.jpg


映画はというと…
やはり結構楽しめます。
織田 祐二がいつものオーバー気味の演技を封印して演じているのが新鮮。
天海 祐希もいつものクールな強い女を封印しています。

でも 犯人が以外と早くわかっちゃうんですよねぇ…
動機は分からなかったんですが、う~~ん
結構 大がかりなロケや終盤にむけての盛り上がりはすごかったのに
ちょっと最後が盛り上がらなかったのはなぜ?

織田 祐二は確かにかっこいいです。
佐藤 浩市は 重要な役柄であるのに、影が薄いです。
TBSの「官僚たちの夏」の佐藤とは比べ物にならない。

でも「アマルフィ」の景色やローマの世界遺産を堪能できます。

外国の都市を楽しむ映画「それでも恋するバルセロナ」
これは結構楽しめました。
バルセロナへ行きたくなるし、毎日のように入れる「エスプレッソ」の香りが漂ってきそうな雰囲気
まあ これと言って深~いテーマがあるわけでもないけれど
かえって それが私には嬉しかったような(笑)
最近 あまり深い映画は疲れるので…


エスプレッソと言えば、アマルフィの中でもエスプレッソマシーンから立ち上る蒸気から
良い香りが漂ってきそう。
[PR]
by metabo_mama | 2009-07-19 23:56 | 映画

ハゲタカ

NHKで放送された「ハゲタカ」が映画化されたので、見に行ってきました。
TVドラマ「ハゲタカ」は、とてもよく出来た経済ドラマでした。
すっかりはまりましたね。
大森 南朋  柴田 恭兵  玉山 鉄二 などなど

c0124303_22181410.jpg
 
TVドラマを見ていない人には、人間関係やら背景やら解りづらかったかなぁ?
と思うけれど、知らなくても 充分楽しめる作品なのではないでしょうか?

少し 盛りだくさんすぎたかな?と思わないでもないですが
とても  面白い作品でした。
[PR]
by metabo_mama | 2009-06-18 22:27 | 映画

大渋滞のお陰で…

このGWの高速道路は「低速道路」と名称変更したほうがいいんじゃないのかな?
1,000円の通行料も返してもらいたいくらいじゃないですかぁ。。。

まあ そのお陰で今日は「グラン・トリノ」を見に行ってきました。
クリント・イーストウッドが俳優としての最後の作品だということでしたが
とてもよい作品でした。
c0124303_19224783.jpg


イエローとかジャップとか、人種差別用語の洪水のような内容なのですが
「アメリカ人から見た アジア人とはこんな風なのだ」と感じることもあったり
人種の坩堝と言われているアメリカの、さまざまな事情もわかったりして…

年を重ねるとはこういうことなんでしょうね。
戦争とはいえ、何人もの人々を殺さなければならなかった罪を背負って生きる主人公。
家族にも心を閉ざしてしまう。
彼の人生の終わらせ方を模索する姿に共感する部分が沢山ありました。
私自身の人生をどのように終えるのか? 終えたいのか? まだまだ先のことなのか…

そして 渋い頑固おやじを 本当に素晴らしく演じている クリント・イーストウッドが良かったですね。
ところどころ「くすくす」と笑いを誘う場面もあって、お年寄りの行動がよく描かれています。
また 事件の終わらせ方に、ちょっと驚かされたりして。
終盤 場内では、鼻をすする音があちこちから聞こえてきました。

でも エンドロールが終わる前から皆さん ザワザワと立ち始めて退場する方が多くいて残念でした。

この作品 是非ご覧になってください。
「レッドクリフ Part2」も、さすが ジョン・ウーだわと言った作品で素晴らしかったですが
「グラン・トリノ」も良かったですよ~~☆☆☆
[PR]
by metabo_mama | 2009-05-05 19:23 | 映画

やったぁ!

やっと 日本の映画が『オスカー』に輝きました!!!
以前 この映画を見たときの感想はこんな風だったんですね。
もう一度 見に行かなくては…

「死」をテーマにしているにもかかわらず、人の心を癒す力があったのですね。
私が死ぬ時も、やがて必ずやって来るわけで
私の死が、残された人たちの心を癒すようなものであって欲しいなんて考えています。
そのためには長生きしなくてはいけないなぁ。。。

やっぱり、死ぬまで元気で長生き出来るようにがんばらなくちゃぁ☆
ある意味 元気の出る映画です。
[PR]
by metabo_mama | 2009-02-23 23:21 | 映画

そう言えば 「パコ」

そう言えば 2ヶ月くらい前に見たんですが、
かなり面白い映画がありました。
「パコと魔法の絵本」
出演者は 役所 広司・上川 隆也・妻夫木 聡・土屋 アンナ・阿部 サダオ・小池 栄子
       劇団 ひとり・加瀬 亮 等等

凄く個性的な方ばかり・・・
土屋 アンナがとってもよかった。
妻夫木も。
色彩も個性的
設定も かなぁり個性的で笑えちゃうけど
皆さん大真面目に演じていらっしゃって感動ものです。

パコ役の アヤカ・ウィルソンちゃんが可愛くて、いとおしくて 抱きしめてあげたくなる程です。
事故で記憶が一日しか続かない少女「パコ」が、毎日毎日かわいらしい声で読む絵本。。。
絵が飛び出す絵本なのですが、映画自体が飛び出す絵本みたいです。

人間は強くなければ 人間じゃないのか?
基本的に人間とは弱いものなのではないのか?
こんなテーマを中心にした愛情溢れる「大人のための絵本」だったのじゃないかしら?
最後は 涙腺緩みっぱなしですよ~

子供たちが大勢入っていましたが、「この映画」大人に見て欲しい映画だったなぁ。。。
是非 DVDでご覧になってくださいね!
[PR]
by metabo_mama | 2008-11-06 13:15 | 映画

レッド・クリフ☆☆☆☆

 『男たちの挽歌Ⅰ・Ⅱ』は、私の大好きな映画の一つです。
「めがね」や「おくりびと」などの映画が好きと言う私とは矛盾した好みなのですが・・・
好きなんですよぉ。。。
ジョン・ウー監督の作品です。あの ジョン・ウーです「MI2」の

そして 今上映中の話題の大作『レッド・クリフ』も彼の作品です。
冒頭のアクションシーンはやっぱり ジョン・ウーの作品ですねぇ
すごいです!  見ていて時々目をふさいでしまうようなシーンもかなりあり、お好きでない方にはショッキングな場面もあるでしょうが・・・
「男たちの・・・」の最後の撃ち合いの場面を思い出します。

『三国志』は、読んだこともないですし、読もうと思ったこともありませんでしたので
はっきり言って、よくわかりません(笑)
でも すごく楽しめる作品に仕上がっているのは
テーマが『愛』だと言うことだからでしょうか?
友情  夫婦愛  家族愛 領地の民を愛する気持ち 男のロマン 等等
そう言えば「男たちの・・・」も、全編流れているのは『愛と友情』ですねぇ。

そして なんと言っても主役の トニー・レオン(周揄)です。
「インファナル・アフェア」もすごくよかったですね。
すごく カッコイイです。
金城 武の諸葛孔明もよかったですねぇ。(いままで 好きになれなかったけど)
インテリがこんなに似合うとは・・・  思ってもみませんでした(笑)

「赤壁の戦い」も、ダイナミックに描かれていて、歴史を知らない人が見ても、また男性も女性も 充分楽しめるものになっています。
映像も美しいし、登場人物も美しい 小喬は特に美しい。

是非 ご覧になってください。
[PR]
by metabo_mama | 2008-11-03 21:11 | 映画

おくりびと

c0124303_271035.jpg

話題の映画を見に行ってきました。
噂どおり とても素晴らしい映画に仕上がっていました。

最近 「死」を扱う映画が増えているようにおもいますが
これまでの「死」の扱い方とは少し違ってきているように感じています。

日本の高齢化は、大変なスピードで進んでいますし
3万人以上の人々が自殺する異常な世の中になってしまっているからなのか?
悲惨な死を扱うものより、安らかな幸せな「死」を描くものが増えてきているような・・・
(私が そういう映画を選んでいるだけなのかも?)

さて さて
主人公は諸々の事情で「納棺師」になるのですが・・・
本木と広末の 若い夫婦を中心に脇役の 山崎努や吉行和子などが本当に良かったですねぇ
本木 ・広末の若い夫婦を見ていて
         「若いって いいなぁ・・・」
と、心の底から思いました。(まあ 若いときもあったし、たとえ若くても広末とは全く違うけど)
多分 すっぴんに近い広末が見せる表情が初々しくもあり、色気もありで複雑な心模様を描くことが出来る女優さんに成長したんだなぁ って思いつつも   
「あの 甘ったるいしゃべり方は ちょっとぉ」意図的にそうしているのかもしれませんが
(映画の内容とは関係なく私の個人的な好き嫌いだけの問題ですが)。

そして もっくんは いや~~ 美しい。。。
納棺の所作も姿も 本当に美しいです。
こんな納棺師に最後を託したいと、観客たちは思ったに違いないと

もっくん演ずる納棺師が、彼の大切な人の納棺をする場面で
彼の頬を一筋二筋零れ落ちる涙が なんと美しいことか・・・
それを見守る広末演ずる妻が温かく見守る場面では、目の前に決して幸福な死を迎えられなかった人のご遺体があるにもかかわらず、温かく平和な時間が流れていくのです。

客席のあちこちから鼻をすする音が聞こえてきます。
私もすっかり化粧が落ちました。
エンドロールが流れている間も、席を立つ人はほとんどなく
皆 余韻に浸っているように感じました。
客席が明るくなって周りを見回すと、なんと観客の平均年齢が高いことか!!
私なんか 若手(笑)でしたよぉ。
 まだまだ 書きたいことがいっぱいありすぎて書ききれません。
是非 ご覧ください。
[PR]
by metabo_mama | 2008-09-15 02:10 | 映画